水彩画 水彩画講座 いきなり上手に描ける水彩画講座

いきなり上手に描ける水彩画講座を購入、実践、見てください。

いきなり上手に描ける水彩画講座を申し込みました。へたくそな私でも上手に描けるようになるでしょうか。応援お願いします。

これだけは知っておきたい!透明水彩絵の具の種類と特徴

絵の具にはいくつかの種類があります。

水彩絵の具、油絵の具、岩絵の具、アクリル絵の具などがあります。

 

これらの絵の具は、大きくわけますと絵の具の色の元となっている顔料とそれを紙やキャンバスなどに定着させるためのノリの役目をする展着材(メディウム)から出来ています。

 

これらの絵の具の原料となっている成分の組み合わせによっていろいろな絵の具が出来上がっています。

 

水彩絵の具の場合は、顔料と展着材としてアラビアゴムが使用されています。

それに加えて少量のグリセリンが入っています。

 

水彩絵の具には透明水彩絵の具と不透明水彩絵の具がありますが、絵の具に含まれている成分は同じですが、それぞれの成分の混合割合が違っており、不透明水彩絵の具は顔料の含まれる割合が透明水彩絵の具より多くなっています。

 

このページでは、上記のいろいろな絵の具の中の透明水彩絵の具について解説していきたいと思います。

 

透明水彩絵の具の原料

 

水彩絵の具の顔料は、動植物や鉱物から作られる天然顔料と工業的に作られる合成顔料がありますが、現在は優れた合成顔料が多く使われています。

 

合成顔料に使われる原料は色によっていろいろな材料が使われいますが、中には人体に有害な物質が含まれているものもあります。

 

どの程度の有害性を持っているのかは分かりませんが、法律によって有害な物質が含まれている場合は、含まれていることを示すマークが絵の具のチューブに表示されています。

 

20152271

 

ちょっと気になったので私が持っている絵の具を調べてみたら、上記の6種類有りました。

 

赤地に黒のバッテンがそのマークとのことです。

 

左から、バーミリオン、コバルトバイオレットライト、ネイプルスイエロー、カドミウムレッドディープ、カドミウムイエローオレンジ、ジョーンブリヤンNo.2 の6色です。

 

チューブの下側には全ての絵の具に注意書きとして、

  • 口や目に入れないこと。
  • 使用後は手を洗うこと。
  • 子どもの手の届かない所に保管のこと。

と書かれてあります。

 

さらに上記の内、コバルトバイオレットライト以外の5色については、

  • セレン、及びカドミウム化合物を含みます。
  • 口や目に入れると有害。
  • 皮ふにつけないこと。
  • 噴霧しないこと。
  • 飲み込んだ時は医師の処置を受けること。

以上が追加で併記されています。

 

コバルトバイオレットライト については、溶解性コバルトを含みます。噴霧時は保護マスクを着用。

と書かれてあります。

 

つまり、セレン、カドミウム、コバルト が有害物質のようです。

 

ただ、絵の具に使われている程度の量の場合は、心配する必要はないとのことのようですが、小さなお子さんがおられる家庭では、保管には気をつけたほうが良いですね。

 

 

紙に絵の具を定着させる展着材にはアラビアゴムが一番良いとされているとのことですが、一部の製品には澱粉から作られるデキストリンが使われている製品もあるとのことです。

 

その他に保湿剤として少量のグリセリンが入っています。

 

 

私が水彩画講座を受けるにあたって購入し、実践している「いきなり上手に描ける水彩画講座」の詳しい内容についてはこちらからご覧になれます。
↓       ↓

これだけは知っておきたい!水彩紙の種類と特徴

20152141

透明水彩画に使用する水彩紙には、素材、形、大きさ、厚み、表面の肌理などによっていろいろな種類があります。

 

水彩紙の違いによって出来上がる水彩画の絵の出来栄えも大きく違ってきます。

 

絵の具の乗り具合、発色の程度、絵の具の定着の程度、にじみ具合、保水の程度、乾き具合、表面の強さなどが水彩紙の種類やメーカーによっても変わってきます。

 

したがって、あなたがどのような水彩画を描きたいのかによってそれに最も合う水彩紙を選ぶ必要があります。

 

水彩紙の素材

 

水彩画に使われる水彩紙は紙ですので、素材は植物の繊維(パルプ)ですが、植物の種類によって以下のような種類があります。

 

1、コットンパルプ

 

コットンパルプは綿の繊維で、透明水彩画に使われる水彩紙の中で一番適した良い水彩紙と言われています。

 

透明水彩画に使われる水彩紙に求められる条件として、絵の具の乗りが良いこと、発色が良いこと、絵の具の定着が良いこと、にじみ具合が適度であること、保水が良いこと、表面が強いこと等がありますが、その全てを十分に満足させることが出来る最高品質の水彩紙の素材です。

 

したがって、現在水彩画家のプロの方からアマチュアの方まで最もよく使われている水彩紙の素材となっています。

 

現在日本で販売されているコットンパルプ100%の水彩紙は輸入品がほとんどで、水彩紙の中では一番高価になります。

 

20152151

WATER FORD コットン100% イギリス製

 

2、木材パルプ

 

一般的な木材の繊維が素材となっているもので、品質についてはコットンパルプには及びませんが、決して悪い素材ではありません。

 

水彩紙としての素材に要求される条件は十分満たしていますし、絵の具もキレイに発色します。

 

コットンパルプの水彩紙が高価なのにたいして、木材パルプの水彩紙は安価で入手が可能です。

 

3、混合パルプ

 

コットンパルプと木材パルプを混ぜたものや、竹のパルプやケナフのパルプを混ぜたものなど、また混合割合もいろいろな水彩紙があります。

 

特殊な用途目的のためや、コストダウンなどが目的で作られています。

価格も木材パルプ同様安価で入手できます。

 

水彩紙の形状

 

水彩紙は大きいものから小さいものまでいろいろな形で販売されています。

 

1、シート

 

1枚の大きなシートになったもので、日本の場合のサイズは、788mm×1091mmとなっており、適当な大きさにカットして利用します。

 

上記のシートを4分割したものを四つ切といい、サイズは542mm×392mm、八等分したものは八つ切りといい、392mm×271mmの大きさとなります。

 

2、ブロック

 

固めのダンボールに水彩紙を何枚か重ねて4辺をノリで固めたもので、水を多く使って描いても波打ちが起きにくいようになっています。

 

描き終わったらはがします。

 

20152152

2015215320152156

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記はアルシュのブロックですが、四方が黒いノリのようなもで固められており、表面も黒い紙で覆われており白い水彩紙が見えるのは、上記の右側の写真のように背中の一部分のみとなっています。

 

20152155

 

上記はウォーターフォードのブロックですが、こちらはノリが透明でよく分かりませんが、同じく四方が糊付けされており、開いているのは前面の一部分のみです。

 

描き終わったら開いたところからペーパーナイフを入れて取り外します。

 

3、パットタイプ

 

左辺のみがノリ付けされているもので、そのままで描いてもよいですし、ばらして使うことも出来ます。

 

4、スケッチブック

 

1辺がスプリングで閉じてあるもので、一般的にスケッチなどでよく使われているものです。

 

パットタイプもそうですが、スケッチブックの場合は、水を多く使用して描きますと水彩紙が波打ってしまいます。

 

20152157

20152158

 

スケッチ旅行などにはスケッチブックが持ち運びには便利で使いやすいと思います。

 

上記のCOTMAN(コットマン)は現在名前が変わりVIFART(ビファール)と言う名前で販売されていますが、初心者の方には使いやすい良い水彩紙です。

 

下の黒と黄色のSketch Bookは水彩紙ではなく普通の画用紙ですが、安価ですので練習用や確認用に使っています。

 

5、ボード

 

あらかじめボードに水彩紙が貼り付けてあるもので、水張りの手間が省けて便利です。

 

水彩紙の大きさ

 

水彩紙の大きさもいろいろなサイズで販売されています。

 

1、平判

 

平判とは製紙工場で出来上がったそのままの大きさのサイズで、シート、原紙とも呼ばれています。

 

国産の平判の大きさもいろいろなサイズがありますが、主なものは1091×788mmの大きさとなり、四六判と呼ばれています。。

 

適当な大きさにカットして使用しますが、四六判を4等分したものを四つ切(542×392mm)、8等分したものを八つ切り(392×271mm)といいます。

 

2、F号

 

一番馴染みのある規格ですが、フランスの規格となります、サイズの種類はいろいろありますが、よく使われる主なサイズは以下のようになっています。

 

F3  : 273×220mm

F4  : 333×242mm

F6  : 410×318mm

F8  : 455×380mm

F10 : 530×455mm

 

3、A判、B判

 

A5 : 210×148mm   B5 : 257×182mm

A4 : 297×210mm   B4 : 364×257mm

A3 : 420×297mm   B3 : 515×364mm

 

4、アルシュのサイズ

 

260×180mm   310×230mm   360×260mm

410×310mm   510×360mm   610×460mm

 

 

私は額に入れて飾ったりするのに手軽で丁度良いので、F4サイズや旅行などにはF3やF0などの小さなサイズのものを持っていきます。

 

年賀状にもときどき描いて送ったりもしています。

 

20152171

 

サイズの違うスケッチブックを並べてみました。

左から F4、F3、F0、ハガキです。

 

水彩紙の厚み

 

水彩紙の厚みにもいろいろあり、1m2当たりのグラム数で表示されています。

 

一般的なよく使われている水彩紙の厚みは、200~300g/m2くらいのものが多いようです。

 

水彩画の場合は多く水を使用しますので、どうしても水彩紙が波打ってしまいますが、厚いほど波打ちの程度は少なくなりますので水を多く使われる方はなるべく厚い方が良いでしょう。

 

 

また厚いほど多くの水分を含ませることが出来ますのでウェットの手法を多用される方は厚いほうが断然使いやすい水彩紙になります。

 

薄い場合は波打ちは大きく出ますが、厚くても多少の波打ちは避けられませんので、水張りをして描かれると波打ちは防ぐことが出来ますし描きやすいのでオススメです。

 

スケッチブックの場合は、そのまま描く場合は水張りは出来ませんが、淡彩画でしたらそれほど気になるほどの波打ちは起こりません。

 

水彩紙の肌理

 

水彩紙には肌理(キメ)があり、各メーカーやブランドによって表面の凹凸の程度によって3種類くらい作られています。

 

日本のメーカーでは、荒目、中目、細目の3種類となっています。

 

20152201

 

上記の水彩紙の写真は日本のマルマンのVIFART(旧COTMAN)の水彩紙ですが、左から荒目、中目、細目の順に並べています。

 

キメの凹凸がお分かりいただけると思います。

 

日本では荒目、中目、細目のように実際のキメの状態で分けていますが、海外の水彩紙では製法の違いによって言い分けています。

 

海外では、荒目はラフ、中目はコールドプレス、細目はホットプレスと呼んでいます。

 

キメの凹凸の基準というのは特になく、程度はそれぞれのメーカーでまちまちで、メーカーによって独自で決められているようです。

 

20152202  20152203

ARCHES COLD PRESSED : 細目        WATER FORD COLD PRESS : 中目

 

ARCHESの場合は、荒目、細目、極細 と分かれており、上記の細目が日本の中目に相当します。

 

荒目は表面のくぼんだところに絵の具が溜まりやすいので、絵の具の発色は良いのですが少しゴツゴツした感じに見えますので繊細な描画には向かず、大胆な描画向きと言えます。

 

細目は凹凸が有りませんので細かな描画に向いていますが、絵の具の吸い込みも速く、乾きも早いのでウェットの技法にはスピードが要求されます。

 

とりあえずは、何事も中庸が大事ですので中目からスタートするのが良いでしょう。

 

水彩紙の色

 

水彩紙は紙ですので白いですが、白さにも違いがあり、少しクリームがかったナチュラルなものと、ほんとに真っ白なもとの2種類あります。

 

それぞれの呼び名はブランドによって違っていますので購入の際には確認してください。

 

水彩紙は真っ白いほうがやはり明るい感じに仕上がるようですが、少しクリームがかったほうは自然な感じの仕上がりになるようです。

 

絵の具の吸い込みや乾きは真っ白いほうが早いようです。

 

水彩紙のサイジング

 

水彩紙にはサイジング処理が行われており、絵の具が水彩紙ににじまないように処理が施されています。

 

これによって絵の具が水彩紙の表面に留まり発色が良くなります、また透明水彩画の特徴であるウェットインウェットなどの水を多く使う技法が使いやすくなっています。

 

ただこのサイジング処理の程度はブランドや紙の種類などによって違いがあり、吸い込み方や乾きの速度などの違いとなっています。

 

またこれが各ブランドの特徴ともなっています。

 

実際の違いの程度は使ってみないと分かりませんので、いろいろ使ってみてあなたにとって一番描きやすい水彩紙を選ばれると良いでしょう。

 

 

私が水彩画講座を受けるにあたって購入し、実践している「いきなり上手に描ける水彩画講座」の詳しい内容についてはこちらからご覧になれます。
↓       ↓

水彩画講座 応用編最後の課題のネコの絵を描きました。

neko

いきなり上手に描ける水彩画講座の最後の課題のネコの絵を描きました。

 

昨年の10月28日にいきなり上手に描ける水彩画講座のテキスト、DVDが届いて3ヶ月になり、最後の課題となりました。

 

最後の課題はイヌに続いて動物になりますが、今回はネコの絵になります。

 

前回のイヌの絵との違いは、背景に色づけを行います。

 

そして今回のネコの絵は、白い部分が多いのですが、その白い部分の描き方とネコの毛のフワッとした感じの描き方がポイントになるとのことです。

 

 

そのためにデッサンでは、今回はエンピツの種類が多くなり、描く部分によっていろいろと使い分けを行っていきます。

 

また、いきなり上手に描ける水彩画講座では初めて背景の描き方がポイントになります。

 

背景の描き方でネコの白い毛の見せ方、フワッとした感じを出すテクニックを学びます。

 

その他の今回のネコの絵を描くときの注意点として、ネコの目の描き方に注意が必要とのことで、それはネコの目の色にあります。

 

 

モチーフのネコの写真はこちらになります。

 

20151261

 

デッサンについては、基本的には今までのいきなり上手に描ける水彩画講座での方法と変わりはなく輪郭から描いていきますが、ネコの毛で全体がフワッとしていますのではっきりとは描きません。

 

次に顔、背中の模様、尻尾を描きます。

 

白い毛の部分は背景を描くことによって白い毛を浮き立たせるように描いていきます。

今回のネコの絵のデッサンのポイントは、白い毛の表現の方法にあります。

 

 

その為に、いきなり上手に描ける水彩画講座で、今回のデッサンで一番違っているのはエンピツの種類です。

今回のデッサンでは4~5種類のエンピツを使用しています。

 

輪郭を描くエンピツ、白い毛の中にある薄い影、顔(目、鼻、口、耳)、背中の模様やシッポの模様など、描く部分によってエンピツを使い分けています。

 

 

完成したデッサンです。

 

20151262

 

ネコの毛の白い部分と背景との境目については、背景をもう少し濃くエンピツで塗っても良かったと思います。

 

 

色塗りについては、白い毛の部分は塗らず、それ以外の薄いところから塗っていきます。

色塗りの基本は、今までいきなり上手に描ける水彩画講座で学んできたことと変わりません。

 

目の緑の色については注意が必要です。

 

顔の部分の薄い部分を塗り終えたら、頭、背中、しっぽの部分の模様を塗ります。

塗り終えたら黒い部分をさらに濃く暗く塗っていきます。

 

黒い模様の部分と白い毛の部分の境目はボカスように塗るのがポイントです。

黒い模様の部分は時間をおいて少しづつ暗く塗っていきます。

 

動物の場合は、目がポイントになりますのでしっかり色をつけます。

 

 

次に、いきなり上手に描ける水彩画講座では初めての背景を塗ります。

 

背景はネコの毛との境目の部分の塗り方がポイントになります。

フワッとした感じを出すために直線的には描かず、ぼかしながら塗っていきます。

 

背景が完成したら、最後に白い毛の部分に薄い色をぬっています。

同時に細かい部分を仕上げていきます。

 

 

20151263

 

今回のいきなり上手に描ける水彩画講座のネコの絵のポイントは以下となります。

 

① 目の色を薄く塗ること、緑と黒の色の塗る順番。

② モチーフの色と背景の色の色味のバランス。

③ 背景を暗く塗ることによるメリット。

④ 背景の色に決まりはない。

⑤ モチーフに使用した色と背景の色の関係。

⑥ 白い毛を引き立たせる色について。

⑦ 毛のフワッとした感じをだすための塗り方。

 

以上になりますが、DVDの中で詳しく解説いただきながら描かれておられるところを参考に描きましたが、実践できた部分とまだまだ練習が必要な部分があります。

 

 

以上で、いきなり上手に描ける水彩画講座の全過程が終了しました。

 

初めてのことや、なれない事が多かったのですが、なんとか最後までやりきることができました。

 

上西先生、大変有難うございました。

 

今まで独学でやっていた水彩画の悪い部分や抜けていた部分など、自分の水彩画の欠点がよく分かりました。

これからは違ったモチーフの見方、デッサンの仕方、色塗りの仕方が出来そうです。

 

テキスト、DVDで解説いただいたことを思い出しながら今後の水彩画に活かしたいと思います。

また、メールでも多くのことを学ばせていただきました。

 

 

これから水彩画を初めてみたいと思われている方、また自分の水彩画に満足できていない方にはぜひとも見ていただきたいDVDです。

 

 

私が水彩画講座を受けるにあたって購入し、実践した「いきなり上手に描ける水彩画講座」の詳しい内容についてはこちらからご覧になれます。
↓       ↓

水彩画講座 応用編山の風景のデッサン色塗りは大変でした。

山の風景

今日は、いきなり上手に描ける水彩画講座の応用編の二つ目の課題となっている山の風景のデッサン、色塗りを行ってみました。

 

今回の山の風景は今までの風景より格段に複雑になっています。

 

山の風景は大きく分けて、空、山、草原の3つのパーツに別れていますが、特に複雑なのが山の山肌の模様です。

 

草原の部分は一見すると単純に見えるのですが、よく見ると細かな色の違いや細かな模様が見て取れますが、細かな違いを塗り分けるのは難しそうです。

 

いきなり上手に描ける水彩画講座では、これまでも風景の描き方については丁寧に解説されていますが、今回はさらにいままでに習ったことを忠実に、しかも丁寧に行っていく必要がありそうです。

 

今回のような複雑な絵の場合は、デッサンに費やす時間も多くなりますので、よく使うエンピツも2本用意しておくと良いとのことです。

 

 

また複雑で細かなデッサンをするには集中力も必要になってきます。

 

いきなり上手に描ける水彩画講座の上西先生より、集中力を維持させる良い方法を教えていただきました。

 

それは、BGMを利用すると良いとのことです。

全く音が無いよりは多少の音が有ったほうが集中力が出るというデータも有るそうです。

 

私はどちらかというと、これまでは絵を描くときは部屋にこもって静かに描いていましたが、今回は好きなサザンの曲を聴きながら描いてみました。

 

 

山の風景のモチーフ写真は以下の写真です。

 

山の風景

 

かなり細かく複雑な風景の写真です。

 

上の風景は大きく分けて、空、山、草原の3つの部分に分かれていますが、草原の部分はパッと見た目には大きな色の変化はありませんが、細かく見ると、草の色の微妙な変化、大小の岩、石ころなどがあります。

 

細かい微妙な変化をしっかり書き分けて遠近を表現しないといけませんが、このあたりの描き方がポイントになりそうです。

 

空についても、今回は雲が多いので表現が難しそうです。

 

山の部分については、今回の絵では一番複雑ですが、それらしく見せるためにはどのように描いていくかポイントになるところです。

 

 

私の完成したデッサンがこれです。

 

山のデッサン

 

上記のデッサンの中で一番時間を費やしたのは山の部分ですが、特に山肌の模様を描くのに時間がかかりました。

 

細かい部分はその通りに描くのはなかなか難しいですが、いかにどこまで実際の風景に忠実に描けるかがポイントとのことです。

 

いきなり上手に描ける水彩画講座のDVDでも今回のデッサンが一番の長時間の解説になっています。

 

私にとっては上記で精一杯のところです。

 

山には稜線と谷の凹凸がありますので、この表現方法もポイントになりますが、解説通りにはなかなか上手くは出来ませんでした。

 

草原の部分については、もう少し明暗の違いを丁寧に細かく描いておいたほうが良かったのかと思っています。

 

岩や石ころは小さいですが、それらしく見せるのはいがいと難しいですね。

 

 

完成した絵がこれです。

 

山の色塗り

 

山肌については、しっかりとモチーフを見て模様も出来るだけ細かく描きましたので、それなりには出来たかなと思っています。

 

それとは逆に、空と草原の部分については、ちょっと大雑把になってしまいました。

 

草原の部分はもう少し濃い色を乗せても良かったかなと思います。

 

 

私が水彩画講座を受けるにあたって購入し、実践している「いきなり上手に描ける水彩画講座」の詳しい内容についてはこちらからご覧になれます。
↓       ↓

水彩画講座 ユリの花をデッサンから色塗りまで行いました。

20151121

いきなり上手に描ける水彩画講座を購入させていただいてから、色塗り、デッサンと学んできましたが、今日からいよいよ応用編にはいりました。

 

応用編の最初のモチーフはユリの花です。

 

色塗り編で使用したモチーフのチューリップとは、形、色がかなり複雑になっています。

 

 

今回のユリの絵を描くにあたってまず第一に考えておかないといけないことは、立体感を意識して描くということです。

 

いきなり上手に描ける水彩画講座では、立体感をだす為の方法については各DVDでかなり詳しく解説されています。

 

 

また、花だけではなく、つぼみ、茎、葉、オシベ、メシベなどがありますので、それらのバランスが大切になりますので、ひとつひとつ丁寧に描く必要があります。

 

花の後ろ側になって見えない部分もありますので、それらについても見えないからといって無視せずに、イメージしながら描くことが大切になります。

 

 

バランスの取りかたについては、いきなり上手に描ける水彩画講座のデッサン編でも詳しく解説されていますが、その為のツールを使って今回のユリの絵も描いています。

 

今回のユリの花には細かい斑点がたくさん有りますが、この斑点の描き方も重要になってくるとのことで、下絵の段階でしっかりと書き込んでおくことが大切です。

 

 

今回のモチーフのユリの花の写真です。

 

ユリ

 

赤いユリの花がメインですが、花びら1枚1枚を丁寧に描くより、花全体の形とバランスをとることが大切とのことで、まず花の外枠から決めていきます。

 

これができれば、花のそれぞれのバランスが良くなります。

また、花びらの中心もポイントになります。

 

次にポイントになるのが、オシベ、メシベの形、バランスで、大ざっぱに描くのではなくツールを使って丁寧に、位置、形、花びらとのバランスを見ながら描きます。

 

 

また、生き物の花などについては、ゆっくり描いていると描いているあいだに花やつぼみの形が変わってくる場合がありますが、いきなり上手に描ける水彩画講座のDVDでは、その場合の花の描き方についても解説されています。

 

花びらの裏側になって見えない部分の描き方についても解説されています。

茎や葉っぱについても立体感を出すための描き方、花を浮き立たせる描き方があります。

 

 

私が描いたユリの花の下絵が以下になります。

 

ユリの花の下絵

 

夜に写真を撮ったのでちょっと見にくいですが、花びらの形、バランスについてはイメージ通り描けたと思います。

 

今回使用した水彩画用紙がモチーフの写真の大きさより少し小さいので下側は少し切れています。

使用した水彩画用紙は、COTMAN のF3のサイズで、今回は荒め(Rough)を使いました。

 

 

続いて色塗りを行いました。

 

色塗りについては、花びらの立体感の描き方、筆の運び、ぼかしの方法とテクニック、色の濃さ、筆に含ませる水の分量に注意が必要とのことで、DVDで詳しく解説を聞きながら、また実際に上西先生の手元を見ながら描きました。

 

いきなり上手に描ける水彩画講座では、これまで同時には1本の筆しか使ってきませんでしたが、今回は2本の筆を同時に使っての描きも行いました。

 

 

上記の下絵に色塗りしたのがこちらになります。

 

ユリの花の色塗り

 

今回のユリの花については、複雑な要素がありますのでそれぞれの要素を描く順番も重要になってくるとのことで、勉強になりました。

 

また、今回のユリの花の描き方の解説の中で、立体感を出す方法が大変勉強になりました。

 

どちらかというと、今までの私の絵は立体感が無く、平面的になりがちでしたがこれからは、いきなり上手に描ける水彩画講座で学んだことが活かせそうです。

 

 

私が水彩画講座を受けるにあたって購入し、実践している「いきなり上手に描ける水彩画講座」の詳しい内容についてはこちらからご覧になれます。
↓       ↓

私が実践している水彩画講座
いきなり上手に描ける水彩画講座の
詳しい内容はこちらからご覧になれます
  ↓        ↓
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
水彩画の画材はこちら

___________

__________________
メタ情報